バイアグラとジェネリック薬を比較してみる

PDE5の働きを薬で抑制

バイアグラED治療

PDE5型酵素は勃起時に大量に生成されている血管拡張物質を破壊して勃起を終息に導く酵素で、この酵素の働きを邪魔することで血管の拡張を維持して勃起の持続をサポートするのがバイアグラのED治療薬としての効能です。
バイアグラにもジェネリック薬が登場していて、比較するとジェネリック薬は新薬と同じ内容で製造された医薬品ですから、有効成分には同じくクエン酸シルデナフィルが主成分として配合されています。
主成分が同じなので、服用のしかたについてもポイントは同じで、空腹時に服用することで薬の効果が最大限に発揮されます。
また医薬品である以上どんな薬についても言えることですが、使用するにあたっては副作用の可能性や起こり得る症状について正しく理解しておく必要があります。
クエン酸シルデナフィルは血管の拡張を持続する作用を持つ医薬品なので、使用することで血管の拡張に伴う顔面の紅潮や熱感、軽い頭痛、動悸などの副作用の症状が高い確率で現れます。
バイアグラのジェネリック薬もクエン酸シルデナフイルを有効成分として製造されていますから、血管拡張に伴う同様の副作用症状が発現します。

新薬であるジェネリック | PDE5の働きを薬で抑制 | 禁止事項はしっかりと覚えて