バイアグラとジェネリック薬を比較してみる

新薬であるジェネリック

医薬品には、新薬とジェネリック薬という分類があります。
新薬というのは、初めて企画から開発されていろいろな実験などのプロセスを経た後に承認されて市場に流通する医薬品で、先発医薬品と呼ばれることもあります。
市場に登場した新薬には特許が認められているので、他の製薬会社が同じ内容の薬を製造することはできません。
しかし、特許が無効となれば可能となり、そうして製造される医薬品がジェネリック薬で新薬の先発医薬品に対して後発医薬品と分類されることもあります。
先発医薬品と後発医薬品の大きな違いは、後発医薬品では開発のコストがかかっていないために低コストで製造ができ、市場での薬価も新薬に対してかなり安価という点です。
バイアグラは、世界で初めて開発されたED治療のための医薬品です。
バイアグラの有効成分はクエン酸シルデナフィルです。
クエン酸シルデナフィルは、体内に元々ある酵素の一種、PDE5型酵素の働きを邪魔する医薬品です。

新薬であるジェネリック | PDE5の働きを薬で抑制 | 禁止事項はしっかりと覚えて